<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バギー

wショック
b0179568_0175233.jpg
b0179568_018323.jpg
b0179568_0181573.jpg
b0179568_0183146.jpg
b0179568_0185117.jpg

[PR]
by qgjrw818 | 2013-03-30 00:20 | バギー | Comments(0)

バギー

Wショック
b0179568_21523241.jpg

b0179568_2154479.jpg

[PR]
by qgjrw818 | 2013-03-20 21:54 | バギー | Comments(0)

キャデラック

5.5mは長い
b0179568_22142441.jpg
b0179568_22143422.jpg
b0179568_22144541.jpg
b0179568_22145618.jpg

[PR]
by qgjrw818 | 2013-03-13 22:15 | その他 | Comments(0)

パワステ

[RAM+ポンプ+オービタルの組み合わせ]

オービタルバルブには3種類あり、どれもバルブのフル1回転から吐出される液量は決まっており、100cc,125cc,160ccの3種類のバルブがあります。その他の液量用のバルブも必要に応じて供給出来ます。

RAMが動く速度を決めるにはオービタルバルブの量をRAMの計算上の内部面積で割ります。これがRAMの」ストローク長でオービタルバルブの所与の回転数にゆだねる事になります。RAMの力を計算するにはポンプの液体圧力にRAMの内部面積を掛ければよいのです。いかに早くホイールを回転させるかを計算するには上記計算から得られる希望するRAMのスピードが必要になってきます。ポンプ(L/分=毎分?リッター)の能力を超えた流量を求めるならばシステムは希望するように早くは動きません。

タイヤサイズのような漠然とした情報でこれらの計算を行い、満足する構成品を作り上げる事は困難です。知りたいのはrpm単位でどれだけ早くホイールを回そうとしたいのかということです。それが得られれば適するオービタルのサイズとRAMを決める事が出来ます。しかし、与えられるパワーは計算値とは独立しているのでタイヤを動かすのにも少ないパワーかも知れません。

どれくらいのパワーを出したいのか教えていただければそれに適するRAMを提供出来ます。しかしそれは反応のスピードの事ではありません。制限してしまう要素はいつもポンプの能力です。大きすぎるポンプはエンジンの能力以上になり全システムを失速させますので考慮が必要です。
[PR]
by qgjrw818 | 2013-03-13 21:40 | バギー | Comments(0)

ホーシング

ラフスタッフ社
fj60 bj70のブレーキが付きます
b0179568_205575.jpg
b0179568_20552082.jpg
b0179568_20553182.jpg
b0179568_20554084.jpg

[PR]
by qgjrw818 | 2013-03-13 20:59 | バギー | Comments(0)